Topics

バルーン肺動脈形成術(BPA)実施医認定

BPA(balloon pulmonary angioplasty)は肺動脈血栓内膜摘除術(PEA)の適応にならない末梢型慢性肺動脈血栓性肺高血圧症(CTEPH)に対する画期的な先進治療です。PEAとは異なり、開胸をせず、肺動脈の狭窄・閉塞に対してカテーテルで拡張を行い、肺高血圧症の改善を目指します。このBPAの実施医として平川今日子特任助教が認定されました(九州で2人目)。

今後も熊本大学病院は、最先端の低侵襲心血管治療で、患者さんに優しく負担の小さな治療をお届けできるよう取り組んでまいります。

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.