Message from Professor of Medicine

教授挨拶

  • 熊本大学大学院循環器内科学講座
    教授/診療科長

    熊本大学病院
    副病院長/心臓血管センター長

  • 九州屈指の大学病院へ

    時は平成から令和へと変遷し、新しい時代への期待感の高まりを感じます。この度は熊本大学循環器内科のHPをご訪問下さり誠に有難うございます。 当科の診療、研究、教育の現状と将来展望を御紹介申し上げます。
     まず診療の面ですが、当院は“医学部附属”から熊本大学直轄の「熊本大学病院」に生まれ変わり、県内唯一の特定機能病院としての役割、機能の特化に取り組んでいます。 具体的には高度先進医療の導入を中心に、従来の高難易度冠動脈カテーテル治療(坂本憲治講師、山永健之特任助教)、末梢動脈疾患への血管内治療(藤末昂一郎助教)、 不整脈へのアブレーション・デバイス治療(金澤尚徳特任助教、伊藤美和特任助教)は勿論のこと、①重症心不全、ショック症例への左室補助デバイス管理、インペラ®の導入(高潮征爾病棟長)、 ②導入済のTAVIに加え、MitraClip®、Watchman®など新規構造的心疾患インターベンションの導入(海北幸一准教授、宇宿弘輝助教、田畑範明医師)、 ③慢性肺血栓塞栓症に対するバルーン拡張術(山本英一郎診療講師)、④先天性心疾患診療(河野宏明教授)、⑤心アミロイドーシス診療拠点形成(高潮征爾病棟長)、 ⑥心不全緩和への取り組み(鈴木達特任講師)、⑦医療情報ビッグデータの活用(中村太志医療情報部准教授)、⑧腫瘍循環器病学(末田大輔特任助教)などに注力しております。 “世界最先端の高度先進医療を熊本の心臓血管病の患者様に”提供するために、私が専門としている低侵襲カテーテル治療をはじめ、あらゆる最新治療を取り入れてまいります。
     しかし、これらの最先端治療を駆使しても克服できない心臓病、血管病が存在するのも事実です。更に、海外で証明された有効な新規治療戦略が、 体格も遺伝背景も異なる日本人にそのまま外挿できるかも検証が必要ですし、日本人独自の心臓血管病メカニズムの存在も想定されます。我々はこの“日本人特有の循環器病態の解明と 治療戦略開発”に向け、大学院生、スタッフ総動員で臨床研究、基礎研究に日夜取り組んでいます。テーマは、冠動脈疾患、心不全、不整脈、肺高血圧、構造的心疾患まで全ての循環器病をカバーします。 今後も基礎、臨床両面からのアプローチで病態に迫る研究を展開し、基礎データと臨床データのリンクを強化してまいりたいと考えております。
     これらの高度先進医療の推進と研究の深化には、大志溢れる若手医師の教育が欠かせません。今年も、私たちの教室には2017(平成29)年卒業の池邉 壮先生、朔 太樹先生、 鶴田 裕一郎先生、野津原 淳先生、森川 馨先生の新レジデント5名、2016(平成28)年卒業の永野 美和先生、 2014(平成26)年卒業の岩崎 貴士先生の計7名のフレッシュな仲間が加わりました。同門会組織は290名の大所帯となりましたが、今我々に求められているのは、 診療の精度向上とそこから生まれる新たな知見のアウトプットであるという私たちの初心を肝に銘じ、教室員一同精進してまいります。多くの医学部学生、研修医、レジデントの参加を心待ちにしています。 私たちと一緒に明日の循環器診療を創造し、一人でも多くの心臓血管病に苦しむ方々の明るい未来に力を注ぎましょう。また、多くの患者様の御来院、御紹介を心よりお待ちしております。 このHPをご覧いただいた皆様にも私たちの活動にお力添えを賜りますと幸いです。2019(令和元)年5月31日 辻田賢一

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.