Topics

田畑範明特任助教の論文がアクセプトとなりました

田畑範明特任助教が、下記の研究論文を欧州医学誌:Clinical Research in Cardiology誌 (impact factor 4.5) に報告しました。

①経カテーテル大動脈弁移植術 (TAVI) 施行後の感染性心内膜炎の予測因子と長期成績
“Predictive Factors and Long-Term Prognosis of Transcatheter Aortic Valve Implantation-Associated Endocarditis”

②TAVIを要する、がん合併大動脈弁狭窄症の長期予後における、がんの疾患活動性や移植弁耐久性についての解析
“Prognostic Impact of Cancer History in Patients Undergoing Transcatheter Aortic Valve Implantation“

当科は、最新の低侵襲弁膜症治療を導入するとともに、引き続き臨床研究に取り組んで参ります。

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.