Topics

TAVI in SAVを実施しました

外科的大動脈弁置換術後の生体弁不全症例に対し、経皮的大動脈弁移植術(TAVI)による治療を実施しました。再開胸手術と比較し、より低侵襲なカテーテル治療により再治療が可能となり、今後もより多くの患者様にTAVIの福音をお届けできると期待されます。今後も熊本大学病院では、個々の患者様の背景を考慮し、より低侵襲な心血管治療を提供できるように取り組んでまいります。

 

 

 

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.