Topics

当科同門の角田等先生(平成とうや病院)が心血管病専門誌Heart and Vesselsに報告しました

集中治療後に運動機能だけでなく認知機能や精神機能(うつ)の低下が出現し、家族の精神障害を含めて「集中治療後症候群」という概念が提唱されています。急性期病院にて循環器治療後に回復期病院へ転院となった症例において、認知機能は高齢・低栄養・低運動機能で低下していました。「多職種連携心臓リハビリテーション」により、退院時には認知機能・運動機能とも改善し、その改善度に有意の相関がみられ、認知機能改善度は心房細動合併例では小さく、hs-CRP低値では大きく、HbA1c低値例の改善度が小さいとの結果が得られました。当科同門の角田等先生(平成とうや病院)が心血管病専門誌Heart and Vesselsに報告しました。

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.