Topics

過度の受診抑制にご留意ください

新型コロナウイルス感染症の感染防止、政府・自治体による自粛要請に呼応し、当科でも電話や情報通信機器を用いて診療し医薬品の処方を行い、ファクシミリ等で処方箋情報を送付する措置を行ってまいりました。一定の効果があったと考えられますが、一方で、全県的には受診抑制による定期観察のスキップにより、急性心筋梗塞や急性心不全増悪による救急搬送事例も発生しております。息切れ、胸部違和感、動悸など胸部症状をお持ちの方は、かかりつけの先生とよくご相談いただき、時機を逸することなく心臓・血管疾患の精査をお受け頂きたいと思います。当院はもちろんのこと、各医療機関は県が発出した「感染防止対策チェックリスト」に則り、感染防止対策を行っておりますので、安心して受診ください。

「感染防止対策チェックリスト」はこちら

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.