Topics

心筋梗塞応需体制に関する論文を発表しました

当科同門丸目恭平先生(現オーストリアインスブルック大学)が宮崎県立延岡病院在籍時にまとめた論文がJournal of Cardiology誌に掲載となりました。
同院の時間外に受診した急性心筋梗塞症例を対象に、循環器内科の当直の有無が予後に関係しないことを示しております。循環器内科医が病院外に待機している際にも、迅速に駆けつけるとともに、その他各々の医療スタッフの努力で医療の質を保持できた事による結果であると考えております。
昨今、医師の働き方、基幹病院の在り方など変化を求めらえれている中、議論に一石を投じる事になればと思います。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0914508720300721?via%3Dihub

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.