Research Activity

研究紹介

静脈血栓症/腫瘍循環器グループ

  • 2019.04.1 |

1) 静脈血栓症

静脈血栓症の多くは下肢から発生し、肺塞栓を来たすとときに致命的になることがある。われわれは次世代シークエンサーを用いて凝固第V因子ライデン変異に伴う肺塞栓を確定した本邦における初症例(Sueta D et al.Thromb J. 2017)や腸骨静脈圧迫症候群に直接経口抗凝固薬が著効した一例(Nakashima N, Sueta D et al.Thromb J. 2017)を報告している。また画像診断科と共同で2層検出器を搭載したマルチスライスCT(IQon Spectral CT, Philips Healthcare社)を用いて肺塞栓例における肺還流血流量の臨床的意義について検討している(Sueta D et al. J Cardiol Cases. 2018).さらに熊本地震2016においてもエコノミークラス症候群の調査を積極的に行い、車中泊の危険性などその成果を専門誌に報告している(Sueta D et al.Intern Med 2017, Sueta D et al.Can J Cardiol 2018, Sato K, Sueta D et al. Circ J 2019)。

(末田、海北、辻田)

2) 腫瘍循環器

日本人の三大死因は悪性腫瘍、心疾患、脳血管疾患であり、高齢化社会の進展に伴い、それらの疾患群を診療する機会は増加する傾向にある。心筋梗塞、狭心症、末梢動脈疾患、動脈瘤、脳梗塞など生活習慣病由来の動脈硬化疾患は相対立するものではなく併存していることもよく見られ、複雑疾患の多い大学病院では特にその傾向が強く治療の優先順位に苦慮することがある。悪性腫瘍に対する化学療法において薬剤の心筋障害などの研究を中心にonco-cardiologyが発展してきたが、当科では悪性腫瘍と虚血性心疾患の関連を冠動脈石灰化の視点から報告している(Int J Cardiol. 2016, EHJ-QCCO.2017)。現時点において悪性腫瘍と動脈硬化疾患と関連についてはその併存率や関連などについては十分解明されていない。

 

原著論文
Clinical significance of fecal occult blood screening in patients before percutaneous coronary intervention.
D. Sueta et al. Int J Cardiol. 2015;182:85-7.

New aspects of onco-cardiology.
D. Sueta et al. Int J Cardiol. 2016;206:68-70

Onco-cardiology: Present and Future
D.Sueta, S.Hokimoto Int J Cardiol. 2016;215:38-40 (review)

The Dawn of a New Era in Onco-Cardiology: The Kumamoto Classification”
D.Sueta et al. Int J Cardiol. 220(2016)837-841 (review)

Letter to editor: Management and research in cancer treatment-related
cardiovascular toxicity: Challenges and perspective
D. Sueta et al. Int J Cardiol. 2017.15;239:28.

Lenvatinib, an oral multi-kinases inhibitor, -associated hypertension: Potential role of vascular endothelial dysfunction
D.Sueta et al. Atherosclerosis. 2017;260:116-120

Outcome of current and past cancer history on the risk of cardiovascular events following percutaneous coronary intervention: a Kumamoto University Malignancy and Atherosclerosis (KUMA) study
N. Tabata, D.Sueta et al. Eur Heart J Qual Care Clin Outcomes. 2018;4(4):290-300

A Retrospective Study of Arterial Stiffness and Subsequent Clinical Outcomes in Cancer Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention
N. Tabata, D. Sueta et al. J Hypertens. 2019;37(4):754-764.

(末田、田畑、江頭、辻田)

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.