Topics

Eurointervention PCROnlineにPCIテクニックに関するCase reportを報告

宮崎県立延岡病院の石井正将医長は、左主幹部分岐部のフラップ状の狭窄病変に対して、イメージングを駆使しながら、従来のPCIテクニックを応用し、側枝閉塞を回避した症例を報告しました。本テクニックは、慢性完全閉塞(CTO)病変の治療に用いられるCART, reverse CARTテクニックを発展応用したもので、プラーク内に迷入したガイドワイヤーのベイルアウトに有用であると考えられます。
御興味のある先生方はぜひご一読ください!

Here is the link to the page: The Controlled Antegrade and Antegrade Tracking (CAAT) technique for left main trunk bifurcation divided by a flap-like structure

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.