Topics

東海達也先生の症例報告がJournal of cardiology cases誌に掲載されました

当科レジデントの東海達也先生・高潮征爾診療講師らはALアミロイドーシスに対する新規治療薬であるダラツムマブを使用した化学療法による治療経過の詳細を画像所見やバイオマーカーによって評価し得た症例を報告しています。

今後も熊本大学はアミロイド診療の中心的な研究施設として、多くのデータを発信していきます。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1878540922001177

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.