Topics

金丸侑右(大学院4年生)の論文がInternational Journal of Cardiology 誌に掲載されました

当科・金丸侑右先生(大学院4年生)が、International Journal of Cardiology 誌に臨床研究を発表しました。
‘HRA-CS conduction time’という新しい概念(電気生理学的なパラメータ)が、心房細動に対するカテーテルアブレーション後の再発予測因子として非常に有用であるということを報告しました。不整脈診療の進歩のため、引き続き臨床研究に取り組んで参ります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31785957

Copyright © 熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学 All Rights Reserved.